日本クラブ/米国日本人医師会共催 第44回ヘルスセミナー

「お酒が苦手で甘いものも嫌い」日本人に多いが、あまり知られていないシトリン欠損症

今から約20年前、それまでまったく知られていなかった病気が日本人研究者によって発見されました。この病気の名前はシトリン欠損症。日本人にとても多い病気であり、その症状は様々です。新生児期の黄疸、成人期の性格の変化や意識障害などで診断され、治療を誤ると命にも関わることもあります。

Interview with Dr. Maki Kano

Dr. Maki Kano is the current JMSA Vice President and a Pediatrician and Internist who practices in Westchester, NY. She sat down for an interview with Riku Moriguchi, a fourth year medical student at Albert Einstein, to discuss her career as a Japanese-speaking physician in the US. Below is the transcript of the interview, where she speaks about her upbringing, her current practice, both the joys and challenges of being a working mother, and her experiences in JMSA.